ターミナル♪


映画館で、予告を見たときから
ずっと観たいと思ってました♪

トム・ハンクスが好き。*・゜☆
無垢で誠実な人柄を、自然に見せてくれるのは彼くらい。

最近、刑事役や父親役が 目についてた彼が
今回は主役..ということで、かなり期待☆"

誰もが訪れてはいるけれど..
深くは関わっていない場所.. 空港。

そこで繰り広げられる物語..。




<< 観てから見てね >>

トム演じるビクターは
クラコウジアからやってきた観光客。
ようやく、アメリカへ..という段階になって
彼の祖国で起きたクーデターにより、祖国を失ってしまう。

アメリカに入国することも、祖国に帰国することもできなくなって
ターミナルで待つことに..。

状況がわからないまま、戸惑う彼が
テレビのニュースから、祖国の状況を知り 涙する場面は
いかにも現実に起こりそうで、痛いものが感じられました。

*

言葉もわからない彼が
少しずつ、自分の場所や生き方を見つけて行くシーンには
ほっとして、心温まるものがいっぱい☆"

無垢で正直な人が、みんなに受け入れられていく..
当たり前のようで、現実には なかなか あり得ないこと..

あぁ..
これは、現実を踏まえた上での 最高のファンタジーなのだ..と♪

*

ビデオカメラから、逃れる場面..
25セントを稼ぐために、カートを集めてる場面...
ディクソンの巧みな誘いかけに、無邪気に応える場面...
ヒューゴ・ボスのスーツのディスプレイに、自分の顔を当ててみる場面...など

素朴で無邪気さ故の笑いが、ふんだんに鏤められていて
かなり、笑えたかも♪

中でも、インド人のグプタは かなりツボで
真剣な顔で「CIAだ」と力説してる場面や..
ディナーのときに、ジャグリングや皿回しをしている場面..
モップで飛行機を止めてしまう場面には
涙が出てくるくらい、大笑い☆" (ハンカチ必須)

ビクターが ロシア人を助けたことから、みんなに受け入れられるシーンは
いかにも、アメリカっぽくて..
素直に感動して、涙が出て来てしまいました。

*

そして..スチュワーデスのアメリアとの 淡い恋..
どうして二人が惹かれ合ったのか..?
偶然性以外のものが感じづらくて、違和感を感じました。

空港で出来る、全てのものをさせたかっただけ..?

最終的に、アメリアとの恋は実らなかったのだけれど
それはそれで よかったのかも..。

スピルバーグは、男女の機微..みたいなものは苦手なのかも..と思ったり。(汗)

*

物語が進むにつれて..
ビクターが、アメリカに来た理由が あきらかになっていくのですが
彼の 父への強い思いは、何がベースになっていたのかしら?
好きな人への思いより、強いもの..
その純粋さが、彼の魅力でもあるのだけれど。

オチにしてしまうには、
いかにも、もっともらしくて中途半端? (笑)

ジャズ缶の中にある アーティストの名前の中に
大好きなセロニアス・モンクが、3番目に出て来たのには びっくり☆"

おまけに、たくさんのサインの中で
彼だけ、大きいサイズのポートレートだったことにも感激。*・゜☆
(ストーリーとは、別の場面で満足..♪)

*

JFKケネディ空港は、学生時代に行ったことがある。
アメリカの大学に 留学していた兄を頼って
私も 1ヶ月半..そこで暮らしていた。

懐かしい思いで眺めてたのに
それが全てセットだと知り、がっかり。。(苦笑)

*

トムのことを好きになったのは、「Big」を観てから..。

ほんとは子どものトムが、大人になって..
無垢で素直な人柄故に、みんなに愛され.. みんなを刺激してゆく..。
そして、叶わぬ恋に さりげなく別れを告げていく..。

忘れかけてた素直な気持ちを取り戻せそうで..
躓きそうになったとき、この映画をよく見ていた。

ターミナルでは

異国人のトムが、アメリカ人と接するようになって..
無垢で素直な人柄故に、みんなに愛され.. みんなを刺激してゆく..。
そして、叶わぬ恋に さりげなく別れを告げていく..。

ある意味「Big」と似てると思ったり☆"

*

けいこ的、結論〜♪
「ターミナル」は、異国版「Big」である。*・゜☆

観て、損はない映画だと思います。
観てないのに、ここまで読んじゃった人..
今すぐ、観に行きましょうね & TBお待ちしてまぁす♪
[PR]

by keko_m | 2004-12-30 23:16 |  * movie