翻訳。

夕食を食べるときに、母が
「こんなことも自分でできないなんて、情けない..」と、泣いた。

母の気持ちは、痛いほど伝わってきたけど
『大丈夫』とか『そのうち、できるようになるよ』.. だとか
その場凌ぎで慰める言葉なんて、言えなかった。

まだまだ これから..
先は、長い..

数分後..
『ケガをしてるから、出来ないことはフォローするけど
 お母さんは病人じゃないし、お客さんじゃないから..』などと
何を伝えたいのかわからない、曖昧な言葉で返した。

今、できないことがあっても仕方ない。
私たちが、出来ないことは手伝うから。
これからは、我慢とリハビリの時..
お母さんは、どんな状況でも 私たち家族にとって必要な人だし
痛くなくなって、元気になってくれたら、それだけで嬉しいから..。
お母さんのできることを、少しずつやっていけばいいんじゃない?

.. それが、きっと私の言いたかった言葉。
[PR]

by keko_m | 2013-08-03 00:54 | * family