ココロ。

小さい頃、メーテルリンクの「青い鳥」を読んで
チルチルミチルが、森の中で迷子になって
木に襲われるシーンが、怖くて怖くて..
未だに、暗いとこで 木がざわざわ..ってしてると、ぞくっとする。



昨日、テレビでウルトラマンを見てたら、木の妖怪(?)が 出て来た。
木が動いてる姿を 見た瞬間..
小さい頃の怖さが 蘇って来て、ぞくぞくっとした。

木の妖怪が、美しい少年の姿になってa0027742_16253642.jpg
「さみしい..」と言ってる人の前に現れ
「もう、さみしくなんかないよ。
 みんな 一つの心になろう」と連れて帰る。
木の一部になってしまった人間は
みんな表情をなくし、眠っているようだ。

新たに、木の妖怪に襲われかけた少女を
ウルトラ隊員たちが、助けに来る。
「心があるから、人は悲しかったりさみしかったりするんだ!」と諭され
少女は、強く生きようと決心する。

少女が、木の一部になっていた人を 助け起こしたとき
「どうして助けたんだ!」
「私たちは、このままでいたかったのに!」
「心なんて、もういらなかったのに..」と、木の一部になっていた人たちが叫ぶ。

愕然としながらも、みんなを優しく抱き起こす少女..
ウルトラ隊員が
「さみしいと思った人は、人のさみしさがわかるんだね」という言葉で締める。

どきっとした。
一瞬、『そっか。心がなければ、さみしくないんだ』『木になりたい..』
なんて、思ってる私がいたから。
ヤバいな..


普段だったら、この時間
お出かけしてるか 夕食作ってる時間だから、見たことなかったけど
子ども向けの番組とは言え、侮れない。
なかなか奥が深いかも。ウルトラマン!
[PR]

by keko_m | 2007-01-21 16:46 |  * murmur