ムリーリョ。

a0027742_2233833.jpg

『エル・エスコリアルの無原罪の御宿り』 (でかっ!)

夏に、大阪に プラド美術館展を観に行って来た。(古い話だけど)
ベラスケス、エル・グレコ、ティツィアーノ、ゴヤなど
素晴らしい作品が、いくつもあったけど
そこで見たムリーリョの絵に、心を奪われてしまった。

この絵は、神の子イエスの母である聖母マリアが
マリアの母(イエスの祖母)アンナの胎内に宿った瞬間
神の恩寵により原罪から免れたとする教理を
学のないものでもわかりやすいよう簡略化して表現した.. というものだが

そんな難しいこと、わからなくっても
206cm×144cmの大きな絵いっぱいに描かれた
この愛らしく神々しい女性を、一目見ただけで..
こんなにも素晴らしい絵を、こんなにも丹念に描いた人がいるというだけで..
神やキリストを どんなに偉大に思ってたかが、感じられる。



a0027742_224435.jpg

『貝殻を持つ幼児たち』

これは、イエスとイエスへ洗礼を施した聖ヨハネの姿が
愛らしい幼い姿で描かれているもの。
幼い姿ながらも、イエスは聖ヨハネに貝殻の器で水を与えており
聖ヨハネの持つ杖には「神の子羊を見よ」と記されているのだとか。

これがイエスであろうと、知らない子どもであろうと
この何とも言えぬ愛らしさに、変わりはない。


他にも、いくつかあったけど
a0027742_2542261.jpgどれも、やわらかく繊細で
表情や仕草が、生き生きとしてる絵ばかり。
宗教のことなんて、全くわからなくても
彼の作品には、惹き込まれてしまう。

もっともっと
彼の作品を、見たいと思っていたのに
日本では、画集が発売されてないらしい。

いつか、プラドに行ってみたいけど
.. 図録でがまん。
[PR]

by keko_m | 2007-01-26 02:08 |  * murmur